Riekoさん

撮影を依頼する事は、私にとっては、大きな一歩でしたが、「私の現在位置」を知るためのきっかけになるかもしれないという気持ちでお願いしました。 
  
1回目の撮影では、よく写りたい、どんなふうに見られているんだろうという事ばかり考えていましたが、草の上を走ったり、お日様を浴びたり、滝にうたれたりしているうちに自然になれる瞬間がありました。 
  
じゅんさんは、その人自身が気づいていない、その人が持っている美しい瞬間を逃さないように、丁寧に、やさしく、愛を持ってシャッターをきってくれます。 
  
私も、知らない顔の時の自分と出会う事ができました。 
  
ポートレートの撮影は、自分をみつめる事、瞑想する事と似ているかもしれないと思いました。 

                                                        2019  Rieko Maruyama